京都信用金庫の健康経営施策

京都信用金庫
 当金庫は、1971年に「コミュニティ・バンク宣言」を行って以来、地域の持続的な発展と豊かなコミュニティの創造をめざすことを社会的使命と考え、役職員一人ひとりがコミュニティ・バンクの一員として地域のお役に立つことを考え行動しています。  そのためには、役職員が健康で楽しく、毎日を「働き甲斐」・「生き甲斐」をもって仕事に取り組むことが必要不可欠で、また役職員とその家族が健康で充実した生活を送ることで最良のパフォーマンスが発揮できると考えています。
Inquiries to Health TREND