橋本総業株式会社の健康経営施策

橋本総業株式会社
業種:商社・卸売従業員数:301~1000人https://www.hat.co.jp/health/h...2021年健康経営優良法人
橋本総業株式会社
橋本総業株式会社は、健康経営の取組を社員一体となって 実践しています。 社員の健康維持・増進に積極的に取組み、より働きやすい職場環境を創出し企業力を高め、成長し続けます。 日々経営者が大切にしている「正直」「親切」「熱心」「感謝」の考えの基、健康経営の実践を致します。 社員それぞれが様々な項目に課題があり、会社としては、社員の生活習慣全般を指標として把握し改善を目指し、施策を行っています。
橋本 政昭

代表取締役社長

橋本 政昭

会社には「変えてはいけないもの」もあると思います。それは、社員の志、精神である、「正直、親切、熱心」そして「感謝」の気持ちをいつも持ち続けることだと思います。 これからも、変わらぬ精神を持って、時代の流れに対応した事業のやりかたを行い、ベストパートナーとして会社の質を上げるために、常に成長と進化を続けていきたいと思います。

体制図
健康経営責任者を含めた全社員が率先して「健康づくり」に取組んでいます。 産業医・保健師・健康推進責任者・安全衛生委員会と連携し、健康経営に取り組んでいきます。 また、東京金属事業健康保険組合とのコラボヘルスを推進して、社員やその家族の健康増進に向けた取組を効果的に実施しています。
健康経営責任者を含めた全社員が率先して「健康づくり」に取組んでいます。
産業医・保健師・健康推進責任者・安全衛生委員会と連携し、健康経営に取り組んでいきます。
また、東京金属事業健康保険組合とのコラボヘルスを推進して、社員やその家族の健康増進に向けた取組を効果的に実施しています。

主な施策

労務管理による働き方・ワークライフバランス
社員だけでなくお客様や家族を巻き込んだ職域接種の実施
日々の経営者からのメッセージ発信

健康経営施策の指標

Index Chart
1生活習慣に関する健康アンケートを2017年から開始し、GW明けの5月頃に実施し、施策の計画立案に活用することでPDCAを回せる仕組みを構築しています。 いくつかある指標の一つの、ヘルスリテラシーの浸透度の推移※健康アンケート「会社の同僚や友人に比べて、生活習慣に気を付けている方だと思いますか?」の「とてもそう思う」「そう思う」の割合
2「ストレスチェック」では、追加設問を設定し、コロナのワクチンの接種希望有無やパワハラについての項目に着目し、身近な不安事項であることやメンタルヘルスの予防の観点で情報把握を行っています。
健康経営全体に対する指標
健康経営により社員一人一人のウェルビーイングを高め、働きがいのある職場環境を構築していきます。そして生産性の向上により企業の成長(目標:売上高2.5%成長、経常利益3%成長)につなげていきます。重視している指標の中でもプレゼンティーズムコストの推移を健康経営全体の指標としています。
※健康アンケートプレゼンティーズムコスト(生産性低下)の割合を測定し、ヘルスリテラシーの指標を追いながら社員への浸透を図れるようにしています。
健康経営により社員一人一人のウェルビーイングを高め、働きがいのある職場環境を構築していきます。そして生産性の向上により企業の成長(目標:売上高2.5%成長、経常利益3%成長)につなげていきます。重視している指標の中でもプレゼンティーズムコストの推移を健康経営全体の指標としています。 ※健康アンケートプレゼンティーズムコスト(生産性低下)の割合を測定し、ヘルスリテラシーの指標を追いながら社員への浸透を図れるようにしています。
メディア取り上げ
担当者の声
岩佐和人・篠原英恵

経理部および総務部

岩佐和人・篠原英恵

社員の健康を考え人と企業のサスティナビリティの基、生産性の向上に邁進しております。社長の言葉、「正直」「親切」「熱心」「感謝」を軸として社員一体となって取り組んでおります。 施策をこれからはカテゴリー別にも注力し、健康な人をより健康にしていくため、未来に向けた若い世代がいつも元気でいられるようこれからも様々な施策に力を入れていきたいと思います。

健康TRENDへのお問合せ