東芝ライテック株式会社の健康経営施策

東芝ライテック株式会社
業種:電機・精密従業員数:1001~3000人https://www.tlt.co.jp/tlt/corp...ホワイト500・健康経営優良法人・大規模法人部門
東芝ライテック株式会社
東芝ライテックグループでは、従業員の安全と心身の健康を最重要課題に位置づけた経営を進めることを明確にするために、「安全健康経営」を採択しました。安全、健康、コンプライアンスは最も大切にしておりまして社内でもこのメッセージがキーワードとなっております。130年の歴史を受け継ぎ、光あふれる未来をお客様、パートナー、従業員とともに創造するため、従業員の安全と心身の健康を最重要課題に位置づけ、いきいきとした活気ある人と組織づくりによる、「安全健康経営」を推進します。
 

 

 

 『安全健康宣言』   一部抜粋  東芝ライテック株式会社 代表取締役 平岡敏行 「東芝ライテックグループ安全健康基本方針」に基づき、各階層が以下の責務を確実に果たすことのできる体制を整備し、安全健康にかかわる定期モニタリング指標を定め、継続的改善を進めます。 1.経営層は、「安全健康経営」を率先垂範します 2.管理職は、部下の安全と心身の健康を確実に配慮してください 3.安全健康スタフは、グループの安全健康対策の推進と、その文化の醸成に努めてください 4.従業員は、自律的かつ相互間の安全と心身の健康の確保に努めてください

体制図
各工場・事業所では、専門スタッフの選任、安全衛生委員会の開催などの法定事項の履行に加え、専門部会、職場安全衛生委員会を立ち上げるなど、作業内容や、工程のリスクに応じた柔軟かつ、積極的な取り組みを実践しています。
各工場・事業所では、専門スタッフの選任、安全衛生委員会の開催などの法定事項の履行に加え、専門部会、職場安全衛生委員会を立ち上げるなど、作業内容や、工程のリスクに応じた柔軟かつ、積極的な取り組みを実践しています。

主な施策

定期健康診断の問診票・結果を「見える化」による社員を巻き込み
どんな方でも取り組めるバーチャルウォークで事業所巡り
安全の追求による労働災害発生削減への取り組み
食生活で野菜を取り入れるベジ選手権、ベジチェック

健康経営施策の指標

Index Chart
1当社健康経営のKPI(心身の健康と社会的健康の5項目を設定)
担当者の声
 

 

 

安全・健康・コンプライアンスは何よりも最優先で行う風土がALL東芝では根付いています。しかし、安全衛生は会社が行うもの、健康は個人が行うものという考えが以前は少し定着していた風土を社員の意識変容を促し、風土改革をすることが健康経営を実施していく上では必要です。全国の社員がどこでも、いつでも、障害のある方も取り組めるような健康を楽しむ施策を推進します。総務部 健康経営推進担当 担当部長 大草祥一

健康TRENDへのお問合せ