株式会社東急ハンズの健康経営施策

株式会社東急ハンズ
業種:小売従業員数:1001~3000人https://www.tokyu-hands.co.jp/...健康経営優良法人 大規模法人部門
株式会社東急ハンズ
当社では、『従業員の安全・健康』は『お客様の安全・健康の礎である』と考え、 経営的な視点で従業員の健康増進に関する取り組みを積極的に実施することで、 従業員一人ひとりが働きがいのある環境を目指してまいります。
木村 成一

代表取締役社長 経営最高責任者

木村 成一

モノ・コト・ヒトのすべてが出会い、すべての新しい価値がそこからうみだされる、うれしい場所へ。 ヒトにヒントを、いままで以上に送り出していけるお店へ。 東急ハンズの、ハンズらしい進化は、続いていきます。 お客さまがハンズでヒントを見つけ、くらしを創りだし、そして私たちもお客さまから明日のハンズのヒントをもらっていく。 そんな幸せな関係を、もっともっとふくらませていきたい。 それを実現するために従業員の心身の健康の維持向上が欠かせないものであると考えています。 さまざまな従業員が心身ともに健康に働き、そして健康的な生活を過ごせるよう、従業員の健康増進に積極的に取り組んでまいります。

体制図
取締役社長を「最高健康責任者(Chief Health Officer)」として、人事部が中心となり、安全衛生委員会の安全衛生管理活動、 産業医の医療的支援、健康保険組合の保健事業と連携して従業員の健康増進に取り組んでいます。
取締役社長を「最高健康責任者(Chief Health Officer)」として、人事部が中心となり、安全衛生委員会の安全衛生管理活動、
産業医の医療的支援、健康保険組合の保健事業と連携して従業員の健康増進に取り組んでいます。

Main measures

(1)積極的な禁煙対策
(2)生活習慣を支える環境づくり
(3)様々なライフステージに応じたワークライフバランスの向上
(4)女性特有の健康課題へ向き合った支援
(5)会社風土に合ったコミュニケーション、生産性向上
健康経営全体に対する指標
【解決したい経営課題】
・健康増進による生産性の向上
【最終的な目標指標】
・プレゼンティズムの低減
・アブセンティズムの低減
・ワークエンゲージメントの向上
【解決したい経営課題】 ・健康増進による生産性の向上 【最終的な目標指標】 ・プレゼンティズムの低減 ・アブセンティズムの低減 ・ワークエンゲージメントの向上
Words from Person Incharge
柏山様

 

柏山様

従業員一人ひとりが健康的にいきいきと働くことができる環境づくりをこれからも行っていきます。 仕事中だけでなく日常生活でも健康的に生活することができるように、 ヘルスリテラシーを向上させる取り組みをこれからも実施していきます。 働いている従業員がいま求めていること、これから必要になっていくことを想定して、 継続して取り組み続けることが健康経営を推進する上で必要であると考えています。

Inquiries to Health TREND