SBアットワーク株式会社の健康経営施策

SBアットワーク株式会社
業種:情報通信・サービスその他従業員数:101~300人https://www.softbankatwork.co....健康経営優良法人2021(ホワイト500)認定
SBアットワーク株式会社
当社は新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、昨年より在宅勤務体制を推進しており、リモートワーク下における健康障害の予防、コミュニケーションの活性化にも注力しています。 今後もCHO(チーフ・ヘルス・オフィサー)を筆頭に、健康管理部門であるウェルネスセンターを中心として、社員が楽しみながら健康維持、増進ができるような施策を積極的に展開していきます。
長崎 健一

代表取締役社長 兼 CHO

長崎 健一

SBアットワークは、お客さまに最適で最高の人事サービスを提供する企業として、お客さま企業の社員の方が「100歳まで元気に働ける(健康維持・増進の充実したサポートがある)」ことを将来ビジョンの1つとして掲げています。 そのためにも、当社の社員も「100歳まで元気に働ける」会社として、自らが先頭に立って体現すべく、社員一人ひとりが心身ともに健康であることを目指します。 ニューノーマル時代において働き方の多様化が見られる今だからこそ、社員とのコミュニケーションを大切にし、自律的な健康管理を後押しすることが、健康経営のさらなる推進、そして生産性向上につながると考えています。

体制図
CHOを筆頭に健康管理部門であるウェルネスセンターを中心に総務人事課、健康保険組合と連携。 さらに2021年度より有志社員による健康推進チームを発足し、社員が楽しみながら健康になることを目指し、活力あふれる健康施策を推進しています。
CHOを筆頭に健康管理部門であるウェルネスセンターを中心に総務人事課、健康保険組合と連携。
さらに2021年度より有志社員による健康推進チームを発足し、社員が楽しみながら健康になることを目指し、活力あふれる健康施策を推進しています。

主な施策

1.在宅勤務による健康障害防止施策
2.感染症予防対策
3.女性の健康増進
4.食生活の改善
5.受動喫煙対策
6.メンタルヘルスの向上
健康経営全体に対する指標
健康診断受診率は100%を維持、総合健康リスク、いきいき度は3年連続で改善しています。
(※1)職場のストレスが個人の健康に与える影響を示したスコア。 厚生労働省が2000年に実施した全国332事業場2.5万人の労働者に対する調査データを元に「全国平均=100」とした偏差値で表示。低いほど良い。
(※2)個人と職場の活性度を示したスコア。厚生労働省が2010年に実施した、全国0.5万人の労働者に対する調査データを元に「全国平均=100」とした偏差値で表示。 高いほど良い。
健康診断受診率は100%を維持、総合健康リスク、いきいき度は3年連続で改善しています。 (※1)職場のストレスが個人の健康に与える影響を示したスコア。 厚生労働省が2000年に実施した全国332事業場2.5万人の労働者に対する調査データを元に「全国平均=100」とした偏差値で表示。低いほど良い。 (※2)個人と職場の活性度を示したスコア。厚生労働省が2010年に実施した、全国0.5万人の労働者に対する調査データを元に「全国平均=100」とした偏差値で表示。 高いほど良い。
メディア取り上げ
2020年01月

THE21 2020年1月号 業界トップ企業が実践する注目の「健康経営」とは?

健康TRENDへのお問合せ